Mokosoft開発者ブログ

こんなブログ読んでも時間の無駄ですよ

好きなミステリ小説を紹介するので面白いミステリ小説を教えてほしい

http://www.flickr.com/photos/32479006@N08/4234243998

突然ですが、ミステリ小説が好きです。

 

ジャンルとしても人気があるし、好きな方は多いですよね。

映画も大変好きなんですが、近頃はテレビの前に2時間座る事が苦痛になってきたため、寝る前や移動中なんかにパラパラ小説を読むことの方が多くなってきています。

つっても電子書籍なんですが。

Nexus7とKindleアプリの組み合わせがとっても最高で便利です。

さて、ミステリ小説が好きだ、なんて言ったものの、年間に数冊読めば良い方という程度で、読むのも遅いため、間違っても趣味が読書だなんて言えません。

そんな状態でハズレ小説に当たった時のがっかり感といったらないですよね。

1週間もかけて読み込んだのに、こんなしょーもないオチかいな!と。

時間返せと思います。だがそれも経験かと、思えるようにもなってきました。

 

あと、作家の合う合わないってのもあると思います。

文体が合わない、構成が合わない、トリックが合わない、様々です。

自分にとっては伊坂幸太郎さんがその一人です。

彼の書く小説は人気もあるし、いくつか読んでみた限りは、確かに面白いと思います。

若くしてとてもすごい事だと思います。

だけど合わない。

伏線回収が見事だと言われますが、なんか整いすぎてるきらいがあるんですね。

数学の公式みたいに、こうすれば必ずこう解けますよ、みたいな、スーッと通り過ぎてるというか。

それと、これは勝手なイメージですが筆者の根底にある「真面目な人間が馬鹿みるのは嫌。悪い事してるやつは殺されても文句言えない」的な思想がひしひしと伝わってきて、しんどくなります。

こういう理由で、あまり読みたくない作家さん、というのも多くあることでしょう。

 

そんなわけで、自分の好きなミステリ小説を紹介して、傾向をばらしていくので、見知らぬ人が「そんなあなたにはこれ!」と面白い小説を教えてくれることを期待してみたいと思います。

作家単位でまとめていきます。

 

京極夏彦

もうメジャーになりすぎて、またか、と思われそうですが、大好きな作家です。

 氏の作品は「妖怪小説」などと呼ばれて敬遠している人もいるのではないかと思いますが、かなりレベルの高いミステリ小説です。

圧倒的な情報量と様々な知識や考察の応酬、論理的に解決に導く工程など、初めて読むときは衝撃すら覚えます。

京極作品の特徴として、

  • 各作品は同一の時間軸上に存在して、世界は繋がっている
  • ページ数がものすごい。文庫版なら凶器になりえる。
  • 電子書籍では別だが、小説版では改ページの時に文脈が途中にならないように、必ず区切りの良い所で次ページへつながる。

などがあります。

多くの作品が出てますが、大きく分けて3つの分類ができます。

  1. 戦後の昭和を舞台にした百鬼夜行シリーズ
  2. 江戸時代〜明治を舞台にした巷説百物語シリーズ
  3. それ以外

それ以外の中には近未来を舞台にした「ルー・ガルーシリーズ」というのもあります。

この中で圧倒的おすすめは2の巷説百物語シリーズなのですが、これを読む前には必ず百鬼夜行シリーズを読んでおく必要があります。

別にそういうわけでもないんですが、その方が面白さに深みがでます。

 

百鬼夜行シリーズは京極堂シリーズとも言われ、オーソドックスな探偵モノの体をしたシリーズです。

一般の探偵モノと違うのは、探偵役は拝み屋で、登場人物達に取り憑いた妖怪を「憑物落とし」することで事件を解決していきます。

いや、正確には事件は解決はしませんw

例えば「風が吹けば桶屋が儲かる」なんてことわざがありますが、意味を知らなければなんで桶屋が儲かるのか不思議だな〜と思うじゃないですか。

どんなことにでもそういうことはあるわけで、途中の経過や、誰が何をしたという事を知らなければ、なぜそうなったかということは分からないので不思議なわけですよね。

そのような事象を、昔の人は「妖怪」のせいにしたわけです。

山道を歩いていて川辺に近づくと、しょりしょり、という小豆を洗うような音が聞こえてくる。こんな所には人が住んでないのに、なぜなんだろう。

それは「小豆あらい」という妖怪が小豆を洗っているからに違いない。とこうなるわけです。

ですが謎を解明してみれば、実はイタチの泣き声だった、となり、なーんだ、となりますよね。

 

百鬼夜行シリーズはこのような感じで、ある一連の事件が起こるのですが、所々なぜそうなるのかわからず不思議に彩られている。

そこに妖怪がわき、事件に関わる者達は妖怪に憑かれてしまうわけです。

これを拝み屋である京極堂が、論理的に謎を解明していくことで、各人の憑き物が落ちていき、読者の憑き物も落ちるという事になるのです。

なので、謎は解明しますが、事件自体は既に起こってしまったあとなので、解決するわけではないです。

ただその謎解きがあまりにも圧倒的であり衝撃的で、記憶をなくしてまた読みたいと思えるものなんですね。

 

長々となりましがた、百聞は一見にしかずで、まずはデビュー作である「姑獲鳥の夏」と2作目になる「魍魎の匣」を是非読んでいただきたい。

このコンボは強烈です。

 

姑獲鳥の夏(1)【電子百鬼夜行】

姑獲鳥の夏(1)【電子百鬼夜行】

 

 

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

魍魎の匣(1)【電子百鬼夜行】

 

 

百鬼夜行シリーズは外伝を除くと8作発表されています。

 上記2作品は必読ですが、それ以降はできれば5作目の「絡新婦の理」までは読んでいただきたい。

そっから先は京極好きになってしまったら読んだらいいんちゃうかな、って感じです。

自分は6作目の「塗仏の宴」もとても好きですが、7作目の「陰摩羅鬼の瑕」以降は正直微妙だと思いますw

 

さて、これで洗礼が済んだらやっと巷説百物語シリーズに移れます。

こちらの方は江戸時代を舞台にした京極夏彦版「必殺仕事人」なのです!

百鬼夜行シリーズは事件に隠れた謎を解明することで、妖怪の正体を露わにして憑き物を落とすという構造ですが、巷説百物語シリーズは逆で、人間の手で事件を起こし、そこに謎を散りばめることで、妖怪のしわざに仕立ててしまうのです。

これがもう奇跡的に面白い。時代感や作品間に漂う哀愁もなんとも言えない。

 

巷説百物語 (角川文庫)

巷説百物語 (角川文庫)

 

 何故か巷説百物語は電子化が進んでません。

この後、続巷説百物語、後巷説百物語、前巷説百物語、西巷説百物語と続きます。

漫画版の巷説百物語もあるんですが、原作に忠実で読みやすくてとても良かったです。

 

巷説百物語 1巻 (SPコミックス)

巷説百物語 1巻 (SPコミックス)

 

 

でもやはり原作を読んでいただきたいですね。

これはずっと続けて欲しいのですが、話し的に続けていくのが難しそうで残念です。

また、巷説百物語の外伝的な位置づけである怪談シリーズから「嗤う伊右衛門」を必ず読んでいただきたい。

 

嗤う伊右衛門

嗤う伊右衛門

 

 

こちらの怪談シリーズは3作出ており、1作目がこの嗤う伊右衛門です。

これは有名な「お岩さん」の怪談話を京極風アレンジで仕上げたものとなっています。怪異が何故起こるのか、それを見聞きした者達からどのような風聞が発生するのか、ということが理解できていると、一層理解が深まるので、京極作品に慣れてから是非読んでいただきたいです。

 

京極夏彦が好きになった人にはこんな作家もおすすめです。

→江戸川乱歩

→横溝正史

海野十三

 

京極夏彦の項なげーw

 

道尾秀介

最近イチオシの作家の道尾秀介さんです。

叙述トリックが得意という珍しい作家さんですが、読者をミスリードさせる能力が非常に高い。

ネットの評判は賛否両論なのですが、毎度ながら見事に騙されて、舌を巻きます。

最近は、叙述トリックとは関係ない、ちょっとだけ不思議感のある普通の小説、も書くようになってしまい、若干残念ではあります。

 

シャドウ (創元推理文庫)

シャドウ (創元推理文庫)

 

 

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

 

 

ラットマン (光文社文庫)

ラットマン (光文社文庫)

 

 

龍神の雨

龍神の雨

 

 

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

 

 

このへんをこんな順番で読んでいくのがいいんじゃないでしょうか。

特にカラスの親指は、道尾作品の集大成とも名高く、とても面白いです。

阿部寛主演で映画化もされましたが、こちらもなかなか良く出来ていて小説はちょっと、という人にもおすすめです!

あまちゃんで有名になった能年玲奈もでています。

 

カラスの親指 by rule of CROW's thumb  通常版【DVD】

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】

 

 

乙一

なんかサブカル好き女子とかが好きな作家で出してきそうなイメージというか、最近名前すら聞かなくなりましたが、やっぱ乙一は良いですね。

妙な設定と妙な語り口と、予想のつかない展開が読書魂に火を付けます。

 

暗いところで待ち合わせ

暗いところで待ち合わせ

 
GOTH 僕の章 (角川文庫)

GOTH 僕の章 (角川文庫)

 
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

 
ZOO 1 (集英社文庫)

ZOO 1 (集英社文庫)

 

 タイトルだけみても、どれが読んだ奴やったっけって感じなんですが、まあどれも面白いですよ。

めっきり新作を書かなくなったので、寂しい限りです。

 

 

綾辻行人

新本格という言葉を生み出したと言われる、綾辻行人さんです。

やはりこの実力はすごい。館シリーズはやはり出来が良いです。

 

十角館の殺人〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

十角館の殺人〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

 

 

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

 

 

真っ当な推理小説を読みたい方におすすめですよね。てか知ってますか。

 

 

その他作家陣

三津田信三

雰囲気が京極に近いものがあります。ベースはホラーよりだが、面白い。

三津田信三さんも電子化が進んでおらず残念。早く電子化してほしい!

 

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)

 

 

凶鳥の如き忌むもの (講談社文庫)

凶鳥の如き忌むもの (講談社文庫)

 

 

殊能将之

お亡くなりになってしまいましたが、ハサミ男はめちゃめちゃ有名ですね。

 

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

 
鏡の中は日曜日 (講談社文庫)

鏡の中は日曜日 (講談社文庫)

 

 

西澤保彦

ある特異なSF設定の縛りの中で発生する事件を解決するという、面白いミステリを書かれています。

どれも特殊設定が面白く、よく考えつくなぁと思いますね。

 

七回死んだ男 (講談社文庫)

七回死んだ男 (講談社文庫)

 
人格転移の殺人 (講談社文庫)

人格転移の殺人 (講談社文庫)

 

 

島田荘司

名前をあげるまでもないミステリの大家ですが、下記2点は読んでないのなら、是非読むべき。

 

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

 

 

異邦の騎士 改訂完全版

異邦の騎士 改訂完全版

 

 

 

逆に合わない作家

宮部みゆき

別にきらいじゃないんですが、好きでもない。

松本清張と通じる所があるし、いかにも女性的な内容だなぁという感じがします。

プロセスに重きを置くのか、結果に重きを置くのか。

宮部みゆきや松本清張は前者ですよね。

 

我孫子武丸

殺戮に至る病が名作と名高いが、なんか先が読めてしまっていまいちだった。

でも、ゲームの「428」はとてもおもしろかったので、他の作品は面白いのかもしれない。

 

有栖川有栖

綾辻行人さんと安楽椅子探偵の企画などもやっているし、きっと面白いんだろうなあと思うんだけど、文体が合わないw

作家名がそのまま探偵役として登場するのも、あんまり好きではなくて、法月綸太郎さんもそんな内容のミステリを書いているけど、リアルとのギャップが目につきすぎてしまって、内容がはいってこないw

 

貫井徳郎

ネットでは評判が良いのですが、どれも先が読めてしまう。

使い古されたトリックの焼きまわしなのか、この人が最初だったのかどっちかはわかりませんがw

 

高野和明

これまた評判が良いんですが、13階段がいまいちだったなぁー

 

横山秀夫

半落ち、オチが微妙すぎ!

 

 

 

それでは、面白いミステリ小説の情報お待ちしております。