読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mokosoft開発者ブログ

こんなブログ読んでも時間の無駄ですよ

アプリを作るにはまずiPhoneから、後にAndroid版をリリースという構図はもう成り立たないかもしれない

これはあくまで、中小ベンダー、個人開発者でのお話です。

 

 

1年程前。

アプリを作るにはiPhoneが良い。

ユーザーを集めやすくランキングを狙うにも短期間で狙える。

開発工数もテストや対応機種範囲の手間を考えるとAndroidよりかからないので、

まずはiPhoneからアプリを出して、様子を見てAndroid版を開発するかどうかを決めるのが良い。

というのが定説でした。

 

当然上記のようなことにこだわらず、iPhoneAndroidを同時リリースできるにこしたことはないのでしょうが、中小・個人ベンダーではなかなか難しいですよね。

リリースできる時期もどんどん伸びていくし、同時開発できる環境は増えてきてはいるものの、リリースをするだけでも色々と手間がかかるものです。

 

 

ですがその定説は、近頃は覆ってきているのではないかと思います。

 

その理由としては、今に始まったことではないですが大手ベンダーが

LINEやパズドラの成功を受けて、アプリ市場へ参入してくると共に、

より効率的で局所的なプロモーション手法へお金を投じているというところが

原因だと考えています。

そのプロモーションの1つが「ブーストプロモーション」です。

 

ブーストプロモーションとは

もう知れ渡っていると思われるので、細々とした説明は省きますが

要はリワード広告です。

最近ではお小遣い稼ぎアプリというのが良く見られますね。

 

f:id:mad_ochi:20131208073808p:plain

さっとランキングや検索で引っ掛けるだけで、たくさん見つかります。

 

仕組みは、他社アプリのインストールをする代わりにポイントが得られ

そのポイントを使って、金券へ交換ができるというものです。

 

実際にどういったアプリがでてるのか見てみます。

f:id:mad_ochi:20131208074137p:plain

f:id:mad_ochi:20131208074142p:plain

f:id:mad_ochi:20131208074151p:plain

 

いくつかのアプリが並んでいますが、ランキングとの検証です。

 

f:id:mad_ochi:20131208074540p:plain

さっと眺めただけでも、これだけのアプリがランキングと対応しているのがわかります。

 

実際にD2Cさんを始め、多くの大手ベンダーさんがブーストプロモーションは

やらなければならないものだという事を明言されていますね。

iOSのリワード広告は、アプリの種類によって狙うべきランキングを変えるべし! | D2Cスマイル

累計100万ダウンロードの「返信ください」でわかった、カジュアルゲームのApp Store新ランキングとのつきあい方3ヶ条+α | GrowingApp アプリマーケティングブログ

 

そしてブーストプロモーションにかかる費用は100万〜数百万といったところ

これ以外のプロモーションを兼ね合わせると一千万くらい当たり前、という世界になっています。

 

こんな予算、中小・個人ベンダーでは到底準備が難しい。

 ブーストしないとランキングを狙いにくくなってしまった今のAppStoreで、

気軽にアプリを出すのは結構大変なのではないだろうか。

 

Androidではどうなのか?

こちらはなんとも言えないが、今のところAndroidではランキングロジックが異なるため、

本当に効果的なブーストの手段が確率されていないというのが現状のようです。

実際、AndroidではiPhoneにあるようなお小遣い稼ぎ系アプリが少ないのが

見て取れます。

 

そして、Androidでは新着ランキングの機能がとても嬉しい。

これはアプリの公開から1ヶ月までの間のアプリだけで競うランキングになっていて、

ここへのランクインは中小ベンダーでも十分に狙える所となっています。

なおかつ、大手のアプリのリリースとかぶらなければ、競合も必ずしも多くはない状況。

実際にMokosoftで出しているゲームも、新着ランキングへランクインしたことで、

無事通常のランキングにも掲載され、ダウンロードが大幅アップした事例が多いです。

 

そういった意味でも、とりあえずiPhoneアプリを作っとけ、という定説は

中小個人ベンダーにおいては、もう気にしなくても良いのではないかと思います。

 

アプリは内容も大事だけど、プロモーションがもっと大事になってきます。

どんな良いアプリも、誰にも知られなければ無いも同然なので。

そこには戦略が必要となってくるので、プロモーションを見据えたアプリ開発を

心がけていきたいものです。