読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mokosoft開発者ブログ

こんなブログ読んでも時間の無駄ですよ

否定をするなら代案を出せ

考えてることとか

 

http://www.flickr.com/photos/18519023@N00/3564484236

 

 

世の中は否定で溢れかえっています。

それはなぜか。

否定は息をするが如く簡単にできることだからです。

 

どんな素晴らしいアイデアや意見を発表している人がいても、なんとでも難癖をつければ否定できてしまいます。

どれだけ多くの人に支持されていたとしても、自分は嫌いだからという理由でも否定ができます。

気に食わないとか、自分の考えと違うからとか、なんでもいいんです。

否定意見なんてのは、どんな事に対しても必ずひねり出すことのできる難易度の低い物だと思います。

 

だからして、インターネットでは何かにつけて否定意見を見かけるし、否定を唱えた人も「言ってやったぜ」と言わんばかりの態度をしている事が非常に多い。

とても簡単に出来る行為の割に、相手に与えるダメージが大きいため、乱用されるわけです。

 

仕事をしていてもよく見かけます。

新しいアイデアをどれだけ出しても「でも…」「なんか違う…」と否定しかしてきません。

結局、否定しかしない人というのは、誰でもできることをやってるだけで全く価値がないんです。

ただ文句を言いたいだけの人だと思われても仕方がないと思います。

 

そんな無価値な人間だと思われたくない場合、本当に意味のある否定を訴えたい場合、

そういう時は代案を出すようにすれば良いと思います。

相手の意見を否定するなら必ず代案を出す。

「その意見だと、これこれこういう理由でよくないなあ。だから、こうしてみてはどうだろう」

と、否定の理由を述べた上で、それに代わる案を出すのです。

 

別にネットのコミュニティ上で否定だけをしている人たちなんかは、周りから白い目で見られるだけなのでどうでもいいですが、

仕事や人とのつながりを大事にしていく上では重要な事だと思うので、

自分の今までの言動を振り返ってみては、良い方向に持って行ってはどうでしょうか。

 

 

根拠のある「現状維持」は代案に含まれます。